割れたガラスを安全に片付ける方法

broken_glass窓ガラスなどのガラス製品というのは扱いに間違うと非常に危険なものになります。特に割れている状態のガラスはその時点で「むき出しの鋭利な刃物」のようなものですから、取り扱いには十分な注意が必要というわけです。
ガラスを割ってしまうと、だれでもちょっとしたショックを受けるものです。これはガラスが壊れ物であると普段からわかっているにも関わらず、なにかのきっかけで割ってしまったという落胆からくるものかもしれません。そして多くの人が、割れてしまったガラスをとっさに拾おうという行動に出ます。これも「割れたガラスは危険」という意識が根強くあって、そのままにしておくとほかの人が怪我をしてしまうかもしれないという危惧によるものかもしれません。

しかし、割れたガラスをすぐに拾おうとするのは大変危険です。状況にもよりますが、割れたガラスが落ちている場所というのは、さらなる落下物の危険があるということが考えられるのです。ガラスが割れた理由によっては他のガラスが割れる可能性があります。割れたガラスがまだどこかにあるのなら、さらに落下して来ることだってあるでしょう。また、なにも知らない人がそこを通りかかることがあれば、安全に片づけ作業をすることもできないでしょう。

以上の理由から、まずは周囲の安全確保を行い、それができたら必ず手袋やほうきなどの道具を使い、決して素手で破片に触れないようにしましょう。目に見えない細かいガラス破片があることも想定し、二重三重のガードを施して作業にあたりましょう。

順番としては、ます大きな破片を拾い集めます。大きな破片ばかりであれば、一度簡単につなぎ合わせてみて、他にどんな破片が散乱しているのかを確認するのも有効です。見事にかけた部分がないようであれば、細かい破片はないということになります。そうでない場合、ある程度大きな破片が片付けられたら、ガムテープなどで細かい破片を拾いましょう。